面倒なことが減る|【タブレット活用術】posレジを導入する
ロゴ

タブレットposを導入することで在庫管理やレジ閉め業務も容易になります

面倒なことが減る

女の人

メリットが豊富なタブレットpos

通常のレジと違い、持ち運びすることができるため、レジ担当に人員を割く必要がありません。柔軟に人員を利用することができ、業務効率を上げることができます。

レジ閉めの業務も短縮できる

レジ締めはその日の売上集計や現金の過不足を確認する作業で、合わないと中々帰れないということもあります。こうした計算を合わせる手間を省くためにも、posレジは有効です。posレジシステムにはリアルタイム売り上げ集計の機能がついているため、レジ閉めの業務は合計金額とつり銭を確認するだけでよくなるのです。

見た目もすっきりできる

大型のposレジシステムを使用しないため、レジ周りをすっきりとさせることができます。せっかくこだわりぬいた内装を、大きなposレジシステムで景観を損なうということを防ぐことができます。

機能の追加もやりやすい

タブレットposは、必要最低限の機能で販売されているものも中にはあります。そうしたアプリの場合は、追加で機能を導入することがができるようになっていることが大半です。自身で使う機能を選んで、カスタマイズしていくことによってより使いやすいposレジアプリとすることができます。

タブレットposの導入を決めた理由ランキング

no.1

コストが安い

パソコン型posやターミナル型posより、遥かにコストが安く済むのでタブレット型posの導入を決めるという人はとても多いです。機能は後から拡張していくことができるため、まずは必要最低限の機能で導入をするといった例が多いです。

no.2

操作に習熟訓練がいらない

通常のタブレット端末と同じ操作のため、パソコン型posやターミナル型posと比べて専門的な操作を覚える必要がないという点が、タブレットposが人気である秘訣の1つです。入ったばかりのバイトの人でも、タブレット操作に慣れていればすぐに対応することができます。

no.3

プロモーションツールとして利用できる

他の店舗にあって手元にない商品でも、どういったものがあるかということをタブレットで見せながら顧客と会話をすることができます。そのため、お店の満足度としても直接貢献することができます。

no.4

持ち運びができる

持ち運びをしながら対応することができるため、レジの前に待機しておく必要を無くすことができます。これにより従業員の時間のロスを削ることができます。

no.5

在庫管理が容易になる

人員を割いて在庫管理を行っていたところをタブレットで集計してくれるようになるため、バックヤードに戻って在庫を管理したりする手間を省くことが出来るのも人気の秘訣です。